オペ室で働く看護師の一日のお仕事

器械出し担当には手術の流れを読む能力が求められます

室温・湿度管理は重要です

関西の企業系病院で働く看護師のAさんは、病棟勤務から手術室に配置されて3年目を迎えました。今日は原発性の肝がんで肝切除が必要になった60歳代の男性患者さんの手術で「器械出し(術者に手術器具を手渡しする役目)」を担当することになっています。

8:15の朝の申し送りに参加して、手術スケジュールや注意事項・確認事項を把握した後、手術室で室内の安全(医療機器の電源コードの配置位置)と室温・湿度の調整などの準備をします。

準備がちょうど終わった頃、手術部の入り口に患者さんが到着したとの連絡があったため、迎えに行って病棟看護師から申し送りを受けました。肝切除は長時間に及ぶ手術になるケースが多いため、患者さんはかなり緊張しているようでしたので、患者さんが好きな相撲や野球などの世間話をして気が紛れるようにしました。

器械出しの看護師は術者と同様に手を洗浄・消毒し、滅菌ガウンを着用して手術室に入ります。まずはじめに、手術器具やガーゼの数を数えて、手術後に器具やガーゼの「置き忘れ」がなくキチンと回収されているか照合できるようにしておきます。

患者さんを手術台に寝かせて、麻酔科医が全身麻酔を行いますが、この患者さんは腰を悪くしているので、長時間の手術で床ずれができないように、手術台のマットの位置を工夫しました。

手術が始まると、術者の指示に従いメスや剪刀、鉗子、持針器など様々な医療器具、針・糸を手渡しします。糸にも、太さや性質(体に吸収されるか非吸収性か、編み糸かそうでないか、など)に違いがあるため、常に数種類用意しておきます。

医師が術野から目を離さなくても済むように、指示した瞬間に適切な器具を手渡しすることが求められますが、そのためには手術の流れを読む能力が欠かせません。もっとも基本的な外科の開腹手術でも数十種類の道具を使い分けることになるので、最初は大変でしたが、経験を積んだ現在はスムーズにできるようになりました。

不測の出血等もなく無事に手術が終了し、麻酔科医が麻酔を覚ましました。全身状態が落ち着いていたので、患者さんをストレッチャーに移して搬送し、病棟看護師に採集のバイタルサインや麻酔科医の指示について申し送りを行いました。

午後には翌日手術を受ける患者さんの術前回診をするために病棟へ行き、手術中の看護に問題がないかどうかの確認を行いました。この日の手術はこの1件だけでしたが、緊急手術がある場合には、日勤終了の時刻を過ぎてしまうことがよくあります。

Copyright © 2015 オペ室(手術室)の看護師求人が見つかるサイト All Rights Reserved.