術後訪問は術中看護の評価と患者の早期回復に重要です

閉鎖的環境にあるオペ室の仕事を病棟看護師に理解してもらうためにも意義があります

患者さんに対して定期的にアンケート調査

手術終了後には、術中看護の評価を明らかにし、引き継いだ看護問題が継続されているかどうかを確認するために術後訪問を行います。対象となるのは、主に術中合併症によるトラブルケースや、術中看護に気がかりな点があった患者さん、病棟から依頼があった患者さんです。

術中看護における責任は手術室看護師が担っており、術前・術中・術後を通して病棟看護師と共に継続的に関わるべきであり、お互いに情報共有が求められます。手術室は閉鎖的な環境にあり、病棟看護師に手術看護をアピールする意味においても、術後訪問は有意義であるといえます。

ただし、術後訪問は「やればよい」というものではなく、そのタイミングやどの患者さんに何の目的で行うかを考慮しなければなりません。必要以上に訪問を行うことは、患者さんに「こんなに何回も来るってことは、ひょっとして重症なのでは?」と余計な不安を与えかねず、逆効果になります。

また術後訪問を行う看護師も、患者情報に対して術中看護のアセスメントを行なうことができる人材でなければ、問題を問題として捉えることができないため、訪問の意味がなくなってしまいます。

近年は、入院日数の短縮化に伴い、手術翌日であっても離床を進めるなど、患者さん自身が積極的に治療に参加することでスムーズな術後の回復を図るようになっています。

病棟看護師による日常の支援とともに、手術室看護師が支援を行うことで、「元の健康な状態に近づくために手術を受けたのだから、少ししんどいけど頑張って体を動かしてみよう」と前向きな気持ちで術後を過ごしてもらい、積極的に行動をしてもらえるように促します。

Copyright © 2015 オペ室(手術室)の看護師求人が見つかるサイト All Rights Reserved.