現在の手術時手洗いはラビング法が主流です

皮膚表面の一過性微生物を爪、手、前腕から除去します

入職時の教育だけでは限界があります

手術室は、患者に創をつくり体内の無菌野を開放して操作する特殊な部門であるため、病院内でも特に厳密な感染対策が求められます。

手術室おける感染対策には、空調設備管理や清潔・不潔エリア分けによるゾーニング、手術器械の洗浄・消毒、そして手術時に行う手洗いなどがあります。

手術時手洗いの目的は、①皮膚表面、特に爪、手、前腕部の一過性微生物を除去する、②常在細菌叢の微生物を限りなく減少させる、③微生物の急速な再増殖を抑制する、の3点です。

手術時手洗いの方法には、ブラシを使用した手洗い(スクラブ法)やブラシを使用しない揉み洗い法、擦式手指消毒(ラビング法:上の動画参照)があります。これらを組み合わせた方法を実施している病院もあります。

以前はスクラブ方が主流でしたが、ブラシ使用による皮膚損傷といった問題から、現在は皮膚を損傷させず、かつ減菌効果や持続的な殺菌効果があることから、0.5~1%のクロルヘキシジングルコン酸塩配合のアルコール製剤によるラビング法に変遷してきています。

ただしアルコール製剤は有機物を含む汚染の除去はできませんので、目に見える汚れがあるときには予め日常的手洗いを行う必要があります。

手荒れ対策で細菌の増殖を未然に防ぎましょう

クリーム等で保湿を心掛ける

手術時における手洗いが原因となる手荒れは、特に頻繁に手洗いをする手術部看護師に起こりやすく、しばしば悩みの種となります。手荒れのある手には細菌が増殖しやすく、感染防御の面からも大きな問題となります。

日本国内において手洗い時に用いられる主な消毒薬は、ヘキシジングルコン酸とポピドンヨードですが、両者を比較してみると、一般的にヘキシジングルコン酸の方が手あれが起きやすいとされています。

日本では、両者を採用している医療機関が多く、各人が自分に適したものを自由に選ぶことができるように配慮がなされています。

手荒れの機序としては、①天然保湿成分や角質細胞間脂質の減少により角質が乾燥し、②消毒薬などによってバリア機構が悪化することにより刺激物質が皮膚に浸入しやすくなり手荒れが生じる、と考えられてます。したがって、対策としては、天然保湿成分の補給、油分の補給、保湿剤の使用などが挙げられます。

利用者満足度が非常に高い
Copyright © 2012 オペ室(手術室)の看護師求人が見つかるサイト All Rights Reserved.