手術に関する疑問に答えて、患者さんの不安を和らげる術前訪問

患者さんの不安感を和らげ、落ち着いた状態で麻酔・手術を迎えられるようにします

病棟のナースからの情報も重要

手術室はマスクをつけた術医、麻酔科医、看護師、そして医療機器に囲まれており、病棟とは雰囲気が大きく異なります。そのため、患者さんの多くは不安を抱えた状態で手術室に入室します。

非日常的な場面で不安感や緊張感を抱くのは正常な反応ですが、それが過度になると血圧上昇などを招き、麻酔導入にも影響を及ぼします。

手術室看護師による術前訪問の第一の目的は、患者さんと面識を得ることで、手術室入室にピークに達する不安感を和らげ、精神的に落ち着いた状態で麻酔・手術を迎えられるようにするためです。

患者さんは手術が決まったその日から好むと好まざるにかかわらず、同じ病棟の手術経験者などから手術に関する様々な情報が与えられることになります。患者さんの医療情報の不足や知識の不足は問題解決を引き延ばし、また不安を募らせる要因となります。

そこで看護師は術前の段階で、患者さんが持つ手術に対する疑問に正確な情報提供を行い、患者さんが手術を乗り越えることができるように手助けします。

術前訪問のもう一つの目的として、「看護計画立案のための情報収集」を行うことが挙げられます。「手術」という治療に最大限・最良の結果が導き出されるように、診療・看護記録から情報を収集し、正常から逸脱した検査値や、周術期に影響を及ぼすと思われる情報を得ます。

例えば、手術を受ける患者さんは麻酔により意識がなく、不動化を強いられているため、同一体位で長時間過ごさなければなりません。医師にとって視野が良く術操作が行いやすい体位が、必ずしも患者さんにとって楽な体位とは限りません。そこで、術前訪問では神経障害や圧迫障害を起こさない体位を見極めるために、間接可動域や神経障害についての情報を収集します。

術前訪問には、①15~30分という限られた時間で行われる、②手術が翌日に差し迫っている(手術前日の術前訪問の場合)、③一定量の情報を伝達する目的がある、④多くの場合、看護師と患者さんは初対面である、などの特殊性があります。そのため、限られた時間設定の中で術前訪問の目的を達成するためには、コミュニケーションスキルが重要となってきます。

そのため、患者さんの入眠状況や言動などの大切な情報は日常的に患者さんと接している病棟看護師から得ることになるケースも少なくありません。

Copyright © 2015 オペ室(手術室)の看護師求人が見つかるサイト All Rights Reserved.