周術期看護の幅が広がる手術室の見学

麻酔記録や術式への理解が深まり、術前・術後ケアが充実します

外科医からも好評

清潔環境を保つ必要から閉鎖的な構造にある手術室は、その特性上、病棟看護師が中の様子を見ることはできません。

近年、患者誤認防止対策として、患者さんが手術台で横になるまで病棟看護師が付き添う同伴入室を実施したり、手術室内で引継ぎを行うなど、以前に比べると病棟看護師が手術室の中に入る機会は増えていますが、ほとんどの施設では病棟看護師が入室するのは手術室の入り口までです。

実際に麻酔や手術に立ち会う機会はほとんどなく、学生時代に手術見学をして以来、手術室に入ったことがない看護師が大半ではないでしょうか。そのため、手術室の中で行われる、麻酔、手術、そして手術室看護師の業務内容については病棟看護師には理解されにくいの現状です。

しかし、麻酔記録や術式への理解が深まると、術前・術後の看護の幅も広がります。手術看護に対する理解が深めることで、病棟での術前後においても、根拠に基づいた看護が提供でき、周術期看護の質の向上にもつながります。

そこで病棟看護師に手術室を理解してもらうことを目的に、病院内の各部署から参加者を募り、手術室の見学を実施している施設もあります。

具体的には、入室口→手術室内→回復室→退室口へと移動しながら、患者さんが手術室でどのように過ごされているかを説明しています。また、手術室でしか見ることのできない麻酔器や挿管物品などの使用方法を紹介し、手術台で横になる患者体験も行います。

Copyright © 2015 オペ室(手術室)の看護師求人が見つかるサイト All Rights Reserved.